メニュー
過ごす
CP会員以外も閲覧可能
2017-02-26

心境の変化?

こんばんは(*^^*)
mitsuの嫁です。

本日無事に主人は病院へ帰って行きました。
ずっと体調が良かった一昨日と昨日。
しかし今日は背中の痛みがひどいのと、朝、脚がムズムズするという新しい症状が発生。

オキノーム散に加え主人の背中をさすったりカイロで温めてみたり、脚をマッサージして脚の方の症状は良くなったみたいです(*^^*)

主人の背中をさすってるときに主人が「こんなんだとまだまだダメだ」って言ったんです。
痛みがコントロールできてない寝たきりに近い今の状態で退院なんて無理っていう意味で言ったんですけど、「ダメだ」ってなんか自分の体に鞭打ってるように思えたんです。
前から痛みがひどいときに度々「こんな体になって情けない」とか「自分のことが自分で出来なくて情けない」とか自分の体のことを否定するように言うんです。
確かに今まで出来ていたことが出来ない今の状態はもどかしいし、ストレスになってるんでしょうけど…そんなにダメだなんて言わなくてもいいんじゃない?パパの体は今までずーっと頑張ってきたし、今だって頑張ってくれてるじゃん。人生休憩も必要だよ?って言ってるんですけど主人に届いているのやら(^^;

今日も「昨日が調子良すぎた」って言うから「人間だもん。良いときもあれば悪いときもあって当たり前じゃん」って言うしかできなくて。
健康な私だって偏頭痛でお天気病みをする日だって生理痛で起きれない日もある。
良い日ばかりってことは人間である以上ないんです。

そんな頑固で我慢強くて頑張り屋さんで、マンガ以外の本を読んでるところを見たことがない主人が急に私が読んでいた嫌われる勇気を病院に持って行くと言い出して持って行ったんです!
どういう心境の変化!?とびっくりしたんだけど、もともとは私たちが働いてる会社の社長が主人に持ってきた本です。
その本を私が読んで続編の幸せになる勇気を購入。
昨日主人が社長に会ったと言っていたので「本読んだ?」とか言われたのかな(笑)
それとも主人自身も「変わらないと」と言っていたので、そのきっかけとして持って行ったのかな。

どちらにしても本を読むことで主人の気が紛れて痛みを忘れられることを願うばかりです。
  • コダック
    こんばんは。
    旦那さんの気持ち、良く判ります。
    男って、プライドで生きてる様なものですからね。
    やっぱり、男は所帯持ったら大黒柱として家族を守らないと!って気持ちもありますし、家族に迷惑をかけて情けないと思うこともあります。
    今迄どおり、優しく見守ってあげて下さい。
    私も漫画しか読みませんが、入院中は小説読んでました。本を読むのは、気分転換に良いと思いますよ。
    0
    2017-02-26 23:33:32
  • ysk
    自己紹介見る限り、自慢の妻と娘がいて自分に自信があったんでしょうね^^
    病気になっても心配してくれる、更に自慢の妻を貰っていた事に気づいてもらえるといいですね^^

    ===============
    以下蛇足です。
    がん性疼痛の経験はまだないですが、僕の経験と一般的なペインコントロールの話を。

    調子よすぎると、次の日期待しすぎるってのは僕もありましたね。
    思ったよりよくならないので、がっかりするっていう。
    特に痛みがあるときは早く過ぎ去ってほしいので。

    疼痛あるとどうしてもネガティブな思考になるので、
    疼痛コントロールは本当に大切だと思います。
    疼痛ってのはかなり心理状態が影響するので、ネガティブな気持ちになると感度が増幅してしまいます。
    (臨床試験でプラセボ効果が出やすい症状の一つが疼痛です。びっくりするくらいプラセボが効きます。)
    個人的には、抗がん剤なんかの積極的治療より優先すべきだと思っています。

    慢性痛であれば温めるのが一番重要だと思います。
    嫌いじゃなければ甘くて温かい飲み物なども効果的です。
    本人が「これをすればリラックスできる」みたいなものを見つけられれば、メンタルコントロールしやすくなります。

    非常にわがままですが、痛いときはそばにいるとやつあたり、そばにいないと怒るという、たちが悪い状態になります。
    (思い返すと、陣痛の時そんな扱いを受けたな。。)
    理性的な説得は痛くない時じゃないと届かないです。
    理性的なお話をするなら、調子がいい時にしておくといいかもしれません。

    できることできないことは、もともとありますからね。
    僕もプロになるほどギター弾けなかったし、大学に残るほど頭良くもなかったですからね。
    それでも、できることもあるくらいに思って生きています。
    がんになってよかったとは思いませんが、がん患者だからできることもありますし。
    病気でバランスが変わるだけだと思っています。

    今も筋力落ちて重いものを持てないので、荷物を子どもにもってもらったりしてますが、
    情けないと思うよりは、「ありがとう、助かるよ」と思うように心がけています。
    調子良い時に習慣づけておけば、辛い時もそう思える事が増えます。
    0
    2017-02-27 08:59:38
  • 希実ママ
    >コダックさん
    「男はプライドで生きてるようなもの」
    会社の人たち(男性)に話したら同じことを言っていました(笑)
    逆に私を含めた女性に言わせると「痛いときは痛いって素直になんで言えないの??」って不思議なんですけどね(^^;
    私も気分転換に本を読むんですけどなかなか気に入った本が見つからなくて…実用書より小説の方が気分転換になりそうですね。
    オススメの小説などありましたら教えてください。
    0
    2017-02-27 21:22:23
  • 希実ママ
    >yskさん
    自己紹介を書いたのも嫁である私です(^^;
    主人が言っていたことを書いたので、自慢の嫁と思ってくれてるのかな?(笑)
    yskさんのコメント大変参考になりました。
    痛みでワガママになったり八つ当たりされることはないですが、やっぱりネガティブになってこの先のことを考え込んでしまうようです。
    甘い温かい飲み物…そういえばただの偶然だと思いますが、本人の希望でココアを病院に持って行きました。ココアで少しでも落ち着ければいいな(*^^*)
    0
    2017-02-27 21:30:59

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。