メニュー
残す
CP会員以外も閲覧可能
2018-01-11

癌告知 甲状腺癌1日目

2018年1月9日、甲状腺癌だという事がわかりました。

11月中旬、家族みんなで風邪をひいてしまい、かかりつけの耳鼻科に行きました。
その時、先生がリンパ腺の腫れを触診してくれました。

先生「ん?喉が腫れてるかな…うーん」
私 「喉は痛くないんですけど」
先生 「うーん、でも甲状腺の辺りが腫れてるから、大きい病院で診てもらってね。」

と言われたのが始まりでした。

そもそも甲状腺が何なのかも知らなかった私。
調べていて、バセドウ病や橋本病は聞いた事があっても、甲状腺癌は知りませんでした。
それに罹患率は10万人に七人の割合。
くじに当たった事すらない私は、癌の可能性はまずないな、と思っていました。

いくつか簡単な検査をやって、お正月明けて新しい気分で病院に行きました。
自分では、父親がバセドウ病の経験があるので、私もバセドウ病だろうと思っていました。

診察に呼ばれ、診察室に入って、先生がいきなり「うーん…」
? ? ?
なんで「うーん」?
私、良性の腫瘍かバセドウ病でしょ?死ぬ訳じゃないよね?

「結果がよろしくなくてね…。甲状腺癌ですね。」

??癌??いやぁ、それはないでしょ。だって10万人に7人だよ。ないでしょ!!
おかしいよね!?確率低いはずだよね!?

というのが最初の感想でした。
それと同時に、全身がサーっと血の気が引いて行くのがよくわかりました。
もう、とにかくまさか!!まさか自分が!!
この一言に尽きる感じでした。

診察室から出て、どうやってお会計をして、どうやって帰ったのか覚えていない程の衝撃でした。もう絶句…。

すぐに主人に電話して、主人も「はぁ!?だって確率低いんでしょ?当たっちゃったってこと?マジで??」と、言葉が汚くなってくる主人。

家に帰ってきてからも、混乱と不安と恐怖で涙がポロポロ。
とにかく、子供達がいるのに絶対死ぬ訳にいかない!!という気持ちと、食事もヘルシーにしてたし、運動もしてたのに!
お酒もタバコも一切しないのに!
好き勝手やってる母親は、ピンピンしてるのに何で!?
という気持ちがごっちゃになって、心ここにあらずになってしまいました。

この日は、寝ると恐怖が襲ってきてほぼ一睡もできませんでした。





  • opemama
    はじめまして。
    私も同じく風邪から内科で甲状腺の腫れを指摘されて、11月に甲状腺がんと告知されました。
    「癌」といわれるとやっぱり動揺しますよね・・・(^^;)
    私も告知当日「まさか癌じゃないだろう~」なんて思いながら聞きに行ったら癌の診断だったので、びっくりして思わず涙が出ました。
    でも甲状腺がんは癌の中でも比較的おとなしい癌ともいわれていて、初期であれば手術だけでほとんど完治することも多いんですよ(^^)
    私は妊娠中のため手術は産後になりますが、手術自体も身体への負担が少ないので、私は「癌という名前のイボ」くらいに思っています(笑)
    なのでもう私の中で「癌」のパンチは、告知時点で攻撃終了です~
    告知されたばかりでまだ気持ちの整理をつけるのも難しいとは思いますが、子どもや家族のためにも一緒に乗り越えましょう☆
    0
    2018-01-11 23:57:08
  • りえぴん
    はじめまして!基礎知識すらなかった私は、とにかく動揺するばかりでした。
    あれこれ調べていくうちに、少しずつ甲状腺癌というものがわかってきて。
    「癌という名のイボ」!!
    この一言には目からウロコです!!
    そう考えるとかなり気持ちが楽になり、前向きになれました!
    とにかく、家族のために、1日1日を大切にしていこうと思ってます。
    0
    2018-01-12 07:44:34

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。