メニュー
伝える
CP会員以外も閲覧可能
2016-09-21

お初です。

初めての投稿です。

地元紙に載ってた「がん体験談スピーカー」募集に応募した私は、初めて会合に参加しました。

今回のお題は「中高生のがん教育のありかたについて」で、県教育庁の方のレクチャーを受けました。
がんに対する正しい知識と命の大切さについて主体的に考えることができるようにすることが教育目標らしく、そのためにがんサバイバー達の力が必要であるとのことでした。

しかし、その反面子供たちに「がん」について理解してもらうには、興味がなければ食いつかないし、難しい医療用語を並べたところで、スピーカーの独り善がりになってしまうので、体験談を話すといっても奥が深いと感じました。

私自身、病気になったこと、それを克服したことは意味があると思っており、そこで得たことなどを発信したいと常々考えているので、今回の会合はいいきっかけになったかなと思いました。
また、続報等あれば、この場をお借りして報告したいと思います。
  • きっちゃん
    ああ、それは難しいですよね。
    ”理解”は無理です。
    そんなのは当然のことです。なぜなら、自分には無縁の世界だと思ってると思うからです。
    大人でもそうじゃないですか?

    自分が、もしくは自分の周りでガンになった人ができて、初めて「ああ、こういうことか」と思うはず。

    必要なのは、相手が理解しようと理解しまいと、繰り返し繰り返し何度も講義することです。

    歌を覚えるのと同じで、歌詞の意味は後から「ああ、こういう意味だったのか」と思うようなものかなと。

    必要なのは、今は理解ではなく、意識づけることじゃないかと思います。

    教育は根気が要りますよね(苦笑)
    0
    2016-09-22 07:49:23
  • せとちゃん
    こんにちは。はじめまして。
    がんの説明、難しいですよね。
    診察に何度も同行している母でさえ、薬の名前や治療法などはよくわかっていないですし。
    がんのこと、患者の気持ち、家族の気持ちをわかりやすく伝えるって、難しいけど大切ですよね。
    なにしろ、がんは年齢に関係なく、自覚症状がないままに進行して、突然に患者や家族を闘病生活に落とすものですから。
    報告、待っています。
    0
    2016-09-22 07:50:03
  • とっしー
    きっちゃんさん、コメントありがとうございます。

    何事もそうですが、「百聞は一見にしかず」ですね。


    0
    2016-09-22 08:11:44
  • とっしー
    せとちゃんさん、コメントありがとうございます。

    がんの説明は本当に難しいですよね。実際に子供たちからは「細胞って何ですか?」など、大人とは違う角度からの質問があったり想定外のことが多々あるみたいです(笑)
    そのためには、学校の担当者と綿密な打ち合わせが必要とのことでした。

    私はまだ人の前で話す機会などありませんが、進展ありましたら、報告させていただきます。
    0
    2016-09-22 08:22:23
  • moon0851
    とっしーさん
    素敵な活動の共有有り難うございます。
    医療従事者や行政が報告する、がんとは別にがん経験者から、経験に基づく発信は意味があると僕も思います。
    僕の息子も、昔は道徳といわれていたカリキュラムが命のと授業となり、病気や命について先生以外が聞いたと耳にしました。息子の時には医療者からの話だったのですが、経験者からの話しを聞いて欲しかったな。
    素敵なスピーカーになられることを心よりお祈りさせて下さい。
    0
    2016-09-22 09:53:06
  • とっしー
    moon0851さん、コメントありがとうございます。

    私が中高生の頃は「命の授業」とかありませんでした。今ではだいぶ、教育内容とか変わってきましたね。

    つい先程ですが、昨日参加した会合の世話人から「来月の会合で体験談を30分くらい話ししてほしい」と依頼がありました。
    人前で話す機会などないので、不安ですが、いい経験と思ってチャレンジしてみようと思っております。
    0
    2016-09-22 11:15:06
  • かんちょい
    とっしーさん

    とても素晴らしい活動ですね。私も地元地域でそのような活動や取り組みを探してみたいと思います。

    若い世代に理解してもらうのはとても難しいでしょうけど、自分達(中高生)の親世代にはとても身近であり、両親や家族でがんに罹患したときの接し方などは、体験談を交えたほうが響くかもしれませんね。

    親から子へ伝えるのがCPのテーマですが、とっしーさんの活動は子(中高生)から親へとつながる可能性もある、とても素晴らしいものですね。
    0
    2016-09-22 20:57:35
  • とっしー
    かんちょいさん、コメントありがとうございます。

    地元のがん患者会は、とても平均年齢が高かったです(笑)世話人からは、「若い人が入って助かるわ~」と言われました(笑)
    CPの活動と地元の活動をうまくコラボできれば、さらに輪の広がりが増すかなと勝手に思ったりしてます。
    まだまだ具体的プランはありませんが、できること、やりたいことを続けていきたいと思います。
    0
    2016-09-22 21:16:14

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。