メニュー
残す
CP会員以外も閲覧可能
2017-09-01

放射線をあてたものの…

転移先の脊椎は圧迫骨折してしまいましたが、上手に潰れてくれて、脊髄にはあまり影響は出なかったようです。放射線治療を行ったものの、右足にしびれがとれかけた様な違和感がずっと残っており、背中中がなんともいえない痛さが続いていました。今の整形外科の主治医の先生はとても良い先生なのですが、当時の先生は背中の痛みを訴えても、どこが痛いのか?骨が痛いのか?筋肉が痛いのか?筋か?と聞いてこられました。私はこれまで病気などほとんどした事もなく、聞かれても痛くてたまらいがどこの痛みかなんて分かりません。しかも、その先生からは痛いと言っても治すことなんてできないんだから。と言われてしまいました。その先生は若いからそれが精一杯だったのでしょう。しかし。私の心が折れてしまったのはおそらくその一言だったのだと思います。それからでした。死にたいと思うようになったのは。そして、これは背中の痛みを軽減するだけであって、治すための治療ではないが、背中の脊椎がグラグラしているので痛みがあるのなら、固定すれば和らぐかもしれない。という提案を受け、オキシコンチンを飲んでも痛かった私はその脊椎固定術の手術を受ける事にたのでした。

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。