メニュー
伝える
CP会員以外も閲覧可能
2017-11-25

どうしようもない困難からは何とかして教訓を得ないと割に合わない、ということ。

 

人生には、どうしようもない困難が突然降り注ぐことが、ある。

 

未曽有の大災害に見舞われる。

交通事故に巻き込まれる。

濡れ衣を着せられる。

根も葉もないうわさ話がたつ。

良かれと思ったことが裏目に出る。

 

こういったことの多くは避けられるものではなく、予兆があるわけでもなく、ただただ不幸な偶然で起こってしまうと思う。

 

被った被害者は一様に『なんで私が、僕が』と思うでしょう。

『回避する手立てがあったんじゃないか』と思うでしょう。

 

ないんです。理由も、回避の方法も。

あるんです。理由のない、ただの不運が。

 

僕も最初のがん告知を受けたとき、口をついて出た言葉は『なんで自分が』でした。飲み過ぎが悪かったのか、食べ過ぎが悪かったのか、日ごろの行いが悪かったのか。

先生に何度も『何が原因だったんでしょうか』と聞きました。

 

でも先生の返事は決まって『わかりません』でした。がんに限らず多くの病気は複合的な要因で起こるので、これが原因と特定することは意外と難しいとのことでした。

 

それに僕がかかった虫垂がんというのは平均罹患年齢60代で、且つ大腸がんのカテゴリーの中でも珍しい種類のがんだと聞いています。当時32歳の僕がまさか虫垂がんだとは、当時の主治医も目を疑ったといいました。

 

であれば、これはもう、ただの不運でしかない。不幸な偶然でしかない。

 

でも、今の僕には、それで終わりにはできないです。

不運を被って、傷ついて、悲しんで、

それで終わり?

望んで得た苦労でも困難でもないのに、マイナスだけ被って、

それで終わり?

 

普通の人が当たり前のように今日を終え、明日が来ることを疑わない中で、一人夜眠ることを恐れて、朝起きるたびに『今日も生きられる』と胸をなでおろす生活を、ただの不運な不幸で終わらせる?

 

冗談じゃない。割に合わない。

 

幸せと不幸せはフィフティフィフティなんじゃないの?

全然50/50じゃねえ。割に合ってねえ。

 

であれば、自分で割に合わせるしかない。

自分なりの学びや教訓を得るしかない。

この不幸せを幸せに変えるしかない。

 

じゃないと、ただ悲しくて苦しいだけで、割に合わない。

 

このまま、不幸だったなぁでは終わらせられない。

 

普通の生活をしていたら得られなかったであろう何かを得て、病気でない人がうらやむような何かを得て、振り返った時に『あの時病気になってよかったなぁ』と思えるぐらいでないと、

 

割に合わない。

割に合わせないと。

割に合わせます。
  • とっしー
    ゆうたさん、いつも心に沁みる日記ありがとうございます。

    私も「いきなりステージ4」だったので、自分の気持ちと折り合いをつけるのに、色々考えました。
    しかし、がんのおかげで(?)価値観も変わり、生き方も変わり、人生も変わりました。
    学生時代、講義もろくに聴いてなかった人間が、今では学生や生徒達の前で、「がん」について熱く語る人間になろうとは思ってもいませんでした。

    私はがんになって一旦人生をリセットし、2基目の私が歩んでいると思ってます。残りもう1基くらいあるかなとすら勝手に思っています(笑)

    でも、「がんになって良かった」なんて16年経った今でも1mmたりとも思ったことないし、この先も思わないかなぁと感じてます。

    7
    2017-11-25 11:23:09
  • あさり
    はじめまして

    『何でだろう』『割に合わない』って、
    理不尽さに、納得できない、辛い気持ち、すごくよくわかります。
    たぶん、ここにいる皆さん、同じような気持ちを抱えているんじゃないかなって、思います。

    私は、若いときにも別のガンの治療を受けているので、サバイバー歴は長いのですが、とっしーさんと同じく、『ガンになって、良かった』って、思ったこと、全くありませんし、キャンサーギフトという言葉も嫌いです。

    でも、ガンがあるから幸せな気持ちになれないのかっていうと、それもまた、違う気がします。

    ガンはあっても、親であり、夫や、妻であることには変わらないので、子どもも育つし、面白いことがあれば、家族とともに笑うこともできるし、自分がやりたいことだってできる。
    仕事だって、体調や、環境が許せば、働き続けていらっしゃる方も、いらっしゃいます。

    幸せの価値観は、人それぞれなので、私だけの価値観かもしれませんが、ガンがあろうと、なかろうと、誰でも、周りに辛いことと同じように幸せなことも転がっていて、自分の周りに転がっている幸せに気づけるかどうかの違いなのかなって、気がしています。

    からだと、気持ちは別物です。

    私自身、後ろ向いたり、ぐるぐるすることだらけなので、偉そうなことは何一つ言えないのですが(^-^;

    からだにはガンがあるかもしれないけど、気持ちまで蝕まなければ、体調と相談しながら、やりたいこともできるし、周りに転がっている幸せに、気づけることもあるんじゃないかなって、思っています。

    長文のコメント、申し訳ありません。




    5
    2017-11-25 19:42:55
  • 希実パパは漬物売人
    ゆうたさん、おはようございます。
    お体はいかがですか。
    本当に考えさせられますね。
    でも、いつも前向きで、心強いお考え、生き方で励まされています。
    これからも考えさせられ事は多々あると思いますが、心強いお考えを聞かせて下さいね。いつもありがとうございます。
    1
    2017-11-26 10:09:07
  • やーこ
    おはようございます♪
    私、「元取ってやる!」って気持ちで挑んでます(*´∀`)笑
    自業自得な部分も反省しつつ、
    この病気になって、私の場合周りの環境が改善したものもあるんです。正直(;・・)
    綺麗事ではなく、ちょっと良かったと思うくらいに。
    もちろん子どもを残してなんて死んだりしませんて強い心前提で。

    必ず治して、やりたいことも視野が広がって、やり遂げてやろうと思ってます(* ॑꒳ ॑* )⋆*それが今の治療の励みにもなるんですよね♪
    必ず割に合わせましょう!!(*´▽`)ノノ
    0
    2017-11-27 10:57:15

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。