メニュー
残す
CP会員以外も閲覧可能
2019-03-15

がん罹患した父親を持つ、息子の成長スピード。

ブログ記事『がん罹患した父親を持つ、息子の成長スピード。』を書きました。よろしければご一読ください。

https://ameblo.jp/hanaki-yuusuke/entry-12447121346.html

(以下、本文転載)
こんにちは、がんチャレンジャーの花木裕介です。

先月、車に少し異変があり、息子たちとカーディーラーに行きました。

スタッフの方が車を見てくれている間、いただいたお菓子を食べながら待っていると、営業の方が僕に話しかけてきました。

「髪、坊主にされたんですね。お似合いですよ」
「えー、ちょっといろいろありまして・…」

治療前から知っている方でしたが、まあ、本当のことを言わなくてもいいかなと思い、なんとなくやり過ごそうとすると、隣で聞いていた長男(8)がとてもはっきりした口調で、こう言いました。

「『がん』なんです!」

営業の方はビックリして、「あっ、あっ、それは失礼しました……」と言って、奥に引っ込んでしまいました。

実は長男、その時期ちょうど僕の本を読んでいたんです。

読み始めたときは、「死」という文字や、治療中の写真などを見て泣き出してしまったそうですが、それにもめげずに読み続けていたのです。

そこで「がん」という言葉に触れ、この日の発言につながったのだと思います。

僕はそのときとても驚きましたが、一方で、彼をとても頼もしく思いました。

父親の病気を受け入れ、なおかつそれを恐れずに他者にも伝えられる(特に何も考えていないだけかもしれないですけど)。

がん宣告前後は、「彼らのことを思うと、あまり自分のことを露出しないほうがいいのでは……」とも思っていましたが、子どもたちの成長スピードは親の想像を超えるほど著しいものがありますね。

最近はもっぱらサッカー漬けの日々を送っている息子たちを、これからも自分なりの方法で応援していきたいと思っています。

(了)
  • えーちゃん
    息子さん、頼もしいですね。
    きっと、お父さんの背中を見てるからですね。なんだか励まされました。ありがとうございます!
    1
    2019-03-15 22:17:47
    花木裕介
    えーちゃんさん
    ありがとうございます!
    励まされた、とおっしゃっていただけると、ブログを書くモチベーションになります。
    今後ともよろしくお願いします!
    1
    2019-03-16 16:21:34

【投稿する時のお願い】
・想いや考えは人それぞれです。思いやりを持ち、投稿前に今一度内容をご確認ください。
・「~すべき」というアドバイスではなく、「私の場合は~」というスタンスでコメントください。
・医療行為に踏み込んだり、その勧誘などはおやめください。
・絵文字、機種依存文字等については、一部利用できない場合もあります。
※この日記は「CP会員以外も閲覧可能」に設定されています。コメントについても同様に閲覧可能となりますので、ご理解のうえ投稿ください。