こどもをもつがん患者でつながろう

2018-01-05 14:30:26

親になって2年目...2017年を振り返って

CP会員以外も閲覧可能

日記

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年11月の終わりに甲状腺がんを指摘されてからCPに登録したのですが、
「子どもをもつ親」という同じ境遇の方と交流できること、いつも励まされています。

みなさん、本当にありがとうございます(๑´ڡ`๑)



今更ながらですが、去年の一年間を振り返ってみました。
去年の今頃は、自分がまさかがんになるなんて思ってませんでしたが...もしかしたらもうあったのかもしれませんね。
一体いつからあったのやら...全く自覚症状がないのでわかりませんが、運よく見つかってラッキー♪くらいに思ってます(^^)


1月  娘初めての誕生日
   不妊治療開始
3月  東北から千葉へ転勤のため引越
4月  娘、歩き始める!
   慣れない千葉での生活スタート
7月  待望の第2子妊娠発覚♡
   娘、若干赤ちゃん返り?
8月  つわりで一日中吐きまくり、一歩も動けない...
   その間も娘は元気100%!動き回っている
10月 つわりが明ける
   気付けば娘がめっちゃおしゃべり上手になっている!
   胎動を感じるようになる
   胃腸炎になり、受診した内科で甲状腺の腫れを指摘される
11月 甲状腺エコー&細胞診にて甲状腺がんと診断、告知される
12月 娘3語文話し出す!もうおしゃべりが止まらない\(^o^)/
   胎動も元気すぎて痛い\(^o^)/

そして、なんだかいつもと変わらない、めまぐるしく過ぎていく日常...がんのこともほとんど意識の外へ。


1年振り返ってみて、いつどの場面を思い出しても娘がいて、夫がいて、家族がいる記憶。
子どものいなかった独身時代には、こんなに自分以外の人で記憶が埋め尽くされることはなかった。
まだまだ親になって2年目ですが、やっぱり子どもの存在って人生そのものを変える力があるんですね。


今年はこれから3月に第2子を出産、4月に術前検査もろもろ、そして5月に甲状腺がんの手術の予定。
2人目が産まれて、それからの育児を考えるだけでもドキドキなのに、一体どうなるのだろう。
それよりもまず、無事に元気一杯の子供に産んであげたい。

甲状腺は手術自体というよりは、子どもたちと触れ合える時間がどうなるのかの方が不安は大きいけど、

「出産も育児も手術も、一人で乗り越えるものじゃない。入院中は仕事を休んで子どもたちをみてるから安心して治療に専念しておいで」
と言ってくれる夫。 

そして
「出産前から甲状腺の術後落ち着くまで、ゆっくり里帰りしたら。孫たちは任せて。」
と言ってくれる両親。

義両親にはこの年末年始で帰ったときに打ち明けましたが、最初はショックを受けていたものの、
「何もなくても、いつでも頼ってね」
と応援してくれました。

本当に、温かい家族に恵まれて、幸せをたくさん感じています。

感謝!



さて今の悩みは、来週の妊婦健診までに正月太りした体重をいかにごまかす...いや、戻そうかということです。
実家も義実家も、あまりに料理が美味しいのでつい食べすぎました。
年末年始の休みも終わり、昨日から夫も仕事開始なので、私も家事に育児に...と日常生活を楽しみながら、また今年もがんばろうと思います(^^)



2018年、みなさんにとって素敵な1年になりますように(*˘︶˘*).。.:*♡

心よりお祈り申し上げます。

http://opemama.hatenablog.com/archive/category/thyroid-cancer




ありがとう!をしている会員は4人です

コメント数:0


コメントの編集

gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

写真を取り消す

Copyright © 2016-2018 Cancer Parents. All Rights Reserved.