こどもをもつがん患者でつながろう

2019-06-07 23:02:21

ごめんなさい、ありがとう

CP会員以外も閲覧可能

日記

前回の投稿ですごく落ち込んでネガティブなことばかり垂れ流していたのに皆さんに励ましていただいて、本当に、本当に救われました。
腹腔鏡の傷が痛みまだまだネガティブになってしまいますが、なるべく前を向きたいです。

今日はたまたま病院にきていた地区会の総務の方に病室に来ていただき、今後の地区活動や学校活動に支障が出る事情を話したら、一緒に泣いてくれて、励ましてくれました。
その方は友人二人を乳癌で見送り、自分のお父様も大腸癌で看取ったそうです。
お父様の場合は見つかった時点で手遅れでなんの治療もできず、輸液だけで臨終を迎えたと聞きました。
私はまだ、治療ができる。だから大丈夫。信じてる。4年だって5年だって生きてる人はたくさんいる。
手を強く握って泣きながら何度も諦めるなと言ってくれました。

それでも私は頼るしかないから、どうか、どうかよろしくお願いします。と。

子供たちの先のことが不安で仕方ない、どうしたらいいかわからない、といったら、
子供は強くなるしかない、今までパパとママに囲われてどっぷり砂糖水につかってきたけど、これからはもう海水で生きていかなきゃいけない。自立させるの。と喝をいれてもらいました。

具体的に今後の登下校は親無しで集団の登校班まで歩いてこれるよう練習、放課後は児童館。
ずっと専業主婦で何もかもやってきたので主人にも子供達にも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうけれど、それじゃいけない。
みんな何があっても生きていけるようにしなきゃいけない。
そう気づかせてもらった日でした。

地区会にはいってまだ2ヶ月足らずなのにこんな話をするのも気が引けましたが、これを逃すと自分の口で言える日がいつになるか本当にわからない。
一日一日をこういう風に生きていかなきゃいけない重圧に押しつぶされそうです。

ありがとう!をしている会員は7人です

コメント数:1

  • akira

    環境が人を育てる!とはよく言ったもんで、別に子供に限らず大人も同じで、全く同じ人が環境が変わると別人のように成長するのはよくある事です^ ^

    好むと好まざるに関わらず、ある環境に放り込んでしまえば、人って結構なんとかなるもんです。

    人は環境に適応する生き物…
    甘い環境にいれば甘く育つし、厳しい環境で育てれば強くなります。

    ご主人や子供さんに申し訳ない気持ちも分かりますが、もうここは開き直って「子供を強く育てる絶好のチャンス」ぐらいに思ってみるのもひとつではないでしょうか?

    2019-06-08 11:05:07

    ありがとう!をしている会員は3人です

    gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

    写真を取り消す


コメントの編集

gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

写真を取り消す

Copyright © 2016-2018 Cancer Parents. All Rights Reserved.