こどもをもつがん患者でつながろう

Larsen

海外 / 子宮体がん(子宮内膜がん) / 寛解

2021-09-08 16:53:54

好きな本

CP会員以外も閲覧可能

ひとりごと

重兼芳子さん。
彼女の本からさまざまな事を学んだ。生きる事は苦しみと喜びの交錯であるが、苦しみを喜びに変え、喜びを苦しみにしてしまうのは私自身の選択であること。
人はみんな可能性を秘めている事。
死を見つめる目があるからこそ、さらに命が光輝くものであるということ。
強い人は自分の弱さを見せることができる人。
ユーモアがどんなに人の励ましになるか。
病気が奪うものがどんなに大きくてもそれ以上に得られるものもあるということ。

重兼芳子さんは人生のアドバイスとしてこう書いている
「死の不安を抱いたままのまるごとの私を、自分で肯定していく姿勢」

重兼さん!なんてむずかしいアドバイスなんですか!でも本当に大切なことだと思っています😊
有り難く心の隅に置いて時々自分自身を見つめなおしてもらっています。

  • プケコ

    うんうん😊なかなか出来ないけど、本当に辛くなった時に思い出してできたら、境地に行けそうですよね。

    2021-09-10 06:41:29

    gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

    写真を取り消す

  • Larsen

    プケコさん。コメントありがとうございます😊。
    いつか来るその時を恐れるだけではなく、、それまでの過程をとうしてあるがままの自分と受け止めていきたいと考えています。
    不安に慄かされている自分も自分を失う事の悲しみも全部受け入れることはできないけれど、こんな気持ちを持つ自分を否定するのではなく、これが私なんだとアクセプトしていければいいなと思っています。

    2021-09-10 13:07:29

    gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

    写真を取り消す


コメントの編集

gif/jpg/jpeg/pngファイルをアップロードしてください。

写真を取り消す

Copyright © 2016-2018 Cancer Parents. All Rights Reserved.