メニュー

@kira

※つながると個別にメッセージのやりとりができるようになります。
  • 自己紹介
    去年の夏サッカーコーチをしていながら走れなくなってきました。そして大便が出にくくなりお腹も張ってきたため、妻に下剤、浣腸薬を買ってきてもらい試しましたが、駄目でした。
    病院に軽い気持ちで行きましたが、丸一日検査、夕方には奥様の電話番号を教えてくださいと言われました。
    これはただ事ではないと思いましたが、自分の運転で病院に行っていたので今日は帰りますと先生に言うと、とても帰れる状態ではありませんと言われました。仕事があるので帰りますと言いましたが、お腹の中の水を取らせてくださいと言われ腹水をとられました。
    時間外まで検査に回りましたが、今日は帰らせてくれと言いました。
    明日は家族、お父さん、お母さんも一緒に来てくださいと言われ、さらにただ事ではないと思いました。
    次の日診察室で先生は言葉を濁しながら話が始まりました。
    かまをかけて後どれくらい生きれますかと聞くと、数ヵ月ですとの答。景色が真っ白になり止まりました。
    虫垂癌でした。手術で取りきれず、腹膜播種でstage4こんなにひどい症状見たことないと言われました。
    術後すぐにでも抗がん剤をという外科の先生と、自殺行為という緩和の先生。判断出来ずグラングランでした。
    鬱にもなりかけ、眠れず自殺を考えました。
    しかし家族の支え、同級生の支え、サッカー仲間の支えでなんとか生きて来ました。
    何も努力しない自分に苛立ち、セカンドオピニオンを訪ねて抗がん剤を進められました。抗がん剤のせいで余命が縮まることは有りますかと訪ねると、有りますと誠実に答えていただき、挑戦しようと思いました。
    現在三週間に一度の抗がん剤と週一のハイパーサーミア治療に取り組んでいます。
    今月の2日には病院の先生3~40の前で公演をしてきました。
  • 3
    このボタンを押して、@kiraさんにエールを送りましょう!
  • 年齢
    42
  • 性別
    男性
  • 都道府県
    広島県
  • 病種(大区分)
    消化管
  • 病種(小区分)
    大腸がん
  • 病種(備考)
  • ステージ
    ステージ4
  • 告知年月日
    2015年 7月30日
  • 入院していた病院
    三次中央病院
  • 現在の状況
    通院治療中
  • 配偶者
    有り
  • 子供の年齢
    10〜14歳 5〜9歳
※つながると個別にメッセージのやりとりができるようになります。
@kiraさんの日記